つぶやき…

あ~、なんだかもう どうなってんだ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

一般庶民がどんな思いで子育てをしているか。

恵まれた環境に育ち、恵まれた状況にいるあなたに理解できるのですか?小渕優子さん。

あなたが少子化対策担当大臣と聞き、驚きました。


少子化の大きな一因は、やはり格差にあるのです。
子供を育てる時期に経済的な理由で子供が作れない。
家族を作る適齢期に、経済的な理由で結婚できない。

また、結婚し子供がいても、それをサポートするシステムは貧弱。。。

働いても、保育所の時間と就労時間が合わない。
誰が送り迎えするかでもめる(あ、そりゃウチかw)

それでもウチの様に実家が近くてサポートしてもらえれば楽なのだが、
そんなこと望めない家庭はたくさんある。

子供を育てたくても、安心して育てられる状況がない。
精神的にも余裕がなくなる。

今、この国で起こっている様々な歪みが、少子化という波を作り出している。

そこを理解して政策を打ち出せるのですか?


僕の同志、JUNKさんのブログで知ったのですが、
産後鬱を経験されたそうですね?
でも、子育ての中で鬱になるような状況は産後だけではない。

それこそ自分がいなくなるまで子のことで悩みながら育てていくのです。

子供を育てた経験のない、二代前の総理大臣よりは少しはマシなことをしてくれると、
子を持つ親として、願っています。

ま、期待はしてませんがね。。。

スポンサーサイト
政治 | コメント:0 | トラックバック:0 |

涙があふれてくる

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080922-00000008-maip-soci
福岡小1殺害事件である。

被害者の母親が今日容疑者として逮捕された。

当初からいろいろなSNSや掲示板は「犯人は母親ではないか」
という自称「名探偵」さん達の書き込みにあふれていた。
そして、悲しくもそれが今のところ「事実」となってしまった。


いろいろなメディアの情報によると、
被害者の男の子は「発達障害」があったといい、
母親も持病があったという。

そのような状況で子育てに悩み、将来に悲観して犯行に及んでしまったという。

勿論、だからといって子を殺していいことにはならない。
言い訳にもならない。
この母親は、しっかりと罪を償わなければならないし、本人もわかっていることだろう。


しかし、である。
この悲しい母親の罪を、多くの人があらゆるところで述べているように、
「理解できない」と切り捨ててしまっていいのだろうか?
それではこの種の悲しい事件を無くしていくことはできないのではないか。

彼女が何故犯行に及んでしまったのか、何がそこまで追い詰めてしまったのか。
その根本を社会として共有していくべきだと思うのだ。

「理解できない」ではなく、積極的に「理解していく」のだ。

秋田の事件と同列に論じてるものもあったが、私は少し違うと思う。
上辺だけ見れば親の子殺しなのは確かに同じかもしれない。
しかし、今回の彼女の犯行を「利己的」とだけでは私は切り捨てられない。


もっと、何かしてあげることはなかったのだろうか?
この悲しい親子の結末を、もっと違うものにしてあげられなかっただろうか?

勿論僕個人がではない。
面識も何もないのだから当然である。
そうではなく、社会としての何かが足りないということだ。

この親子が特別なのではない。
同じような状況で悩み苦しんでいる親子が、きっとこの国にはたくさんいるはずなのだ。
その状況を変えていくことが大事なのではないか。
悲しい事件が繰り返されないように。。。
時事 | コメント:4 | トラックバック:1 |

このブログについて

このブログに来て下さった皆さん、こんにちは。
私は当ブログ管理人、なべまなと申します。

このブログは私が世の中で「?」と思ったことや、「!」と思ったことを
つらつら綴るものです。

思想的、言論的に(怒)と感じる方もあるかもしれません。
そこはご容赦願いたいです。
また、頭が悪いので文章がまとまっていない、或いは飛躍していることも
多々あるかと思います。
そこもご勘弁を。

思想的にはリベラル。
支持政党は民主党。
大嫌いなのはこの国の「自民党」的なもの、「公明党」的なもの。

まぁ、記事はそれに即したものが多くなります。

その辺りだけ、ご承知願います。
ブログ | コメント:0 | トラックバック:0 |

とりあえず…

テスト

テーマ:ブログはじめました! - ジャンル:日記

その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。