つぶやき…

あ~、なんだかもう どうなってんだ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

チェンジ

確かに我々は変化を選択した。

支持率も高い水準を保っている。


なのにだ。

流れてくる情報には、逆のベクトルを感じる。。。


地方、マスコミその他諸々、
まだまだ変わってもらわなければならないものが、
たくさんあるようだ。

よって、我々の戦いは続く。
スポンサーサイト
時事 | コメント:2 | トラックバック:0 |

涙があふれてくる

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080922-00000008-maip-soci
福岡小1殺害事件である。

被害者の母親が今日容疑者として逮捕された。

当初からいろいろなSNSや掲示板は「犯人は母親ではないか」
という自称「名探偵」さん達の書き込みにあふれていた。
そして、悲しくもそれが今のところ「事実」となってしまった。


いろいろなメディアの情報によると、
被害者の男の子は「発達障害」があったといい、
母親も持病があったという。

そのような状況で子育てに悩み、将来に悲観して犯行に及んでしまったという。

勿論、だからといって子を殺していいことにはならない。
言い訳にもならない。
この母親は、しっかりと罪を償わなければならないし、本人もわかっていることだろう。


しかし、である。
この悲しい母親の罪を、多くの人があらゆるところで述べているように、
「理解できない」と切り捨ててしまっていいのだろうか?
それではこの種の悲しい事件を無くしていくことはできないのではないか。

彼女が何故犯行に及んでしまったのか、何がそこまで追い詰めてしまったのか。
その根本を社会として共有していくべきだと思うのだ。

「理解できない」ではなく、積極的に「理解していく」のだ。

秋田の事件と同列に論じてるものもあったが、私は少し違うと思う。
上辺だけ見れば親の子殺しなのは確かに同じかもしれない。
しかし、今回の彼女の犯行を「利己的」とだけでは私は切り捨てられない。


もっと、何かしてあげることはなかったのだろうか?
この悲しい親子の結末を、もっと違うものにしてあげられなかっただろうか?

勿論僕個人がではない。
面識も何もないのだから当然である。
そうではなく、社会としての何かが足りないということだ。

この親子が特別なのではない。
同じような状況で悩み苦しんでいる親子が、きっとこの国にはたくさんいるはずなのだ。
その状況を変えていくことが大事なのではないか。
悲しい事件が繰り返されないように。。。
時事 | コメント:4 | トラックバック:1 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。